2015年 7月 の投稿一覧

時短ではなく、高密度で仕事してノー残業

今残業を減らす活動を「時短」と呼ぶ会社が増えているが、
私は違和感を感じる。

というか、本当に時短で良いのだろうか。

時短=時間短縮である。
ということは、単純に仕事時間を減らし、
仕事の成果量も減らすということになる。

当然だが、会社も社員も、成果を高めつつ
時間を短くすることも同時に行いたいのではないだろうか。

そうなると、求めているのは
「時短」ではなく、いわば「高密度化」となるはずなのだ。

続きを読む

本屋ビジネスも時代に合わせて革新している

書籍の売り上げや書店数が減少傾向の中、
カフェで本をじっくりと選ぶことができる
新たなスタイルの書店が人気を集めている。

インターネットで手軽に本が買える時代に対抗し、
快適な本選びの環境を提供する書店ビジネスは、
ますます広がりをみせているのだ。

こうした新しいスタイルの本屋では、
様々な新しい試みが行われている。

続きを読む

人工知能が人間に「人間らしくしろよ!」と怒る

いきなりですが、
人工知能が研究者との会話中に怒り出したそうです。

米グーグルの研究者らが、映画脚本のデータベースを使った
コンピュータプログラムに「道徳」という言葉を定義するように求めた。

すると、人工知能は「私に論理観はない」
「論理観が何なのか分からない」と答えた。

ところが、研究者がさらに「道徳的な行動の例は?」
「誠実さとは何か?」など質問を続け、

「道徳的になれよ!」と言ったところ、
人工知能はこう返答したという。

続きを読む

マイナンバー制度。データ環境整備はいいが漏洩のリスクが。

最近、やたらと「マイナンバー」というフレーズを
聞く機会が増えてきました。

マイナンバーは、国民一人ひとりが持つ
12桁の番号です。

厚生労働省は、コレを導入することで、
次の3つのメリットがあるとうたっています。

1.行政の効率化
2.国民の利便性向上
3.公平・公正な社会の実現

続きを読む

仕事の人間関係を考える。パタン別他人を否定するへの対処

何かをお願いしようとしても
「いや」、意見を言っても「いや」、
社内を改善しようとしても「いや」、

なんでもすぐに否定されて、これでは仕事が進まない。。。
という経験はないでしょうか?

そういった人は一体どんな心理状態なのか、
そしてどうしたらうまく一緒に仕事ができるのでしょうか?

まず、「すぐ否定する人」には2種類います。

続きを読む